運送業界の知識

既に運送会社で働いている方には聞きなれた単語や既に知っている情報も多いかと思います。

しかしながら、異業種から独立を考えている方にとっては知らない事ばかりです。

そんな方の為に、運輸業の基本知識を詳しくご説明いたします。

車の種類

配送する車両は数多くあります。そんな中でも一般的な運送取扱業で扱う車両をご説明いたします。

トラックの種類は大きく分けて3種類あります。

ウイング車・箱車

町中を走っているトラックで最も多く見かけるトラックがこちらのタイプです。それでは箱・ウイング車とひとくくりにしてありますがこの違いをさらに詳しくご説明いたします。

 

ウイング車
wingtruck

ウイング車

ウイング車というのは、荷台部分が大きく開く作りになっている車両の事を指します。荷台が縦方向に大きく開くので1度に多くの荷物を積み下ろしすることが可能です。主にパレットに梱包された荷物など、フォークリフトで積み降ろしをする際に適した車両です。

箱車

boxtruck

対して箱車とは、主に荷台の後方が観音開きになっていて荷台後部からしか積み下ろしが出来ないタイプの車両です。

クロネコヤマトや佐川急便など町中を走っているタイプがこの箱・ウイング車に該当します。

 

平ボディ車

hiratruck

平車は、荷台上部が大きく開いた形状になっています。荷台上部が開いていることによってクレーンでの積み下ろしが可能になります。

また、地下駐車場など車高制限がある現場に搬出・搬入する際に用いられるケースもあります。

 

ユニック車

キャビンと荷台の間にクレーンを装備した車両をユニック車と言います。

こちらはユニックによって荷物の積み下ろしを単体で行えるのが特徴です。

吊り上げ重量の制限があるので、あまり重いものは吊り上げられません。

 

2t~増t車という車格の設定

トラックは、上記のウイング車・平車・ユニック車という車格毎にトン数が設定されております。

この2t、10tと言うのが概ねの表記積載トン数になりますが、実際の積載はこの数字より概ね低いです。

2t車であれば1.7t積載であったり、4t車であれば2.8t積載であったりと名前から想像する積載より実際に詰める貨物の重量は大きく違います。

車両によって、表記積載は違いますので注意が必要です。

7t車については、概ね4t車の車格で表記積載が7t近く取れている車両を指します。

増t車については、概ね10t車の車格で表記積載が11t~15t近く取れ居ている車両を指します。

あくまで積載トン数ベースでの話になりますので、車体重量とは違いますのでご注意ください。

また、各車格毎にいくつか設定があります。

 

2t車

2t車については、ショート車・ロング車が主な車格の設定になります。

厳密には、ワイド車という設定もあります。

同じサイズ感の車両で、3t車という設定もあります。

ショート車の荷台長が大よそ3,200㎜

ロング車の荷台長が大よそ4,200㎜

に設定されています。

 

4t車

4t車については、標準車・セミワイド車・フルワイド車の大まかな設定があります。

荷台長は概ね6,200㎜が標準的です。中には5,700㎜のショート車、7,200㎜のロング車もあります。

同じサイズ感の車両で、6t~8t車という設定もあります。

標準車の横幅が大よそ2,150㎜

セミワイド車の横幅が大よそ2,200㎜

フルワイド車の横幅が大よそ2,350㎜

に設定されています。

4t車で重要なのはこの横幅です。

セミワイド以上の車両であれば、パレットの貨物を横並びに積むことが出来ます。

パレットと言うのはT11型がJISにより規格化されており、サイズが1,100x1,100に統一されています。

この1,100x1,100のパレットを横並びに積むことによって、荷台長6,200㎜、荷台幅2,200のセミワイド車であれば

10パレット分を積み込むことが出来ます。(貨物重量によって積載は異なります)

 

10t車

10t車については、高床車・中低床車・低床車の大まかな設定があります。

荷台長は概ね9,600㎜、荷台幅は2,350㎜が一般的です。

同じサイズ感の車両で、増t(11t~15t)車という設定もあります。

高床車の内高が大よそ2,350㎜前後

中低床車の内高が大よそ2,450㎜前後

低床車の内高が大よそ2,550㎜前後

こちら低床車の内高さが多く取れているのは、床が低く設定されている為です。

低床車が多く荷物を積み込める反面、悪路など一部の道路ではバンパーを擦ってしまう危険性もあり、中には高床車をチャーターする場合もあります。

貨物の配送に関しても大は小を兼ねますが、納品先狭い場合には10t車で対応が出来ずに2t車で配送を余儀なくされる場合もあります。

 

ゲート車とは

荷台後方に昇降機を備えた車両を指します。これは各車両にオプションで装備されている場合があります。

ゲートにはおよそ2種類あり、

・テールゲート

・格納ゲート

があります。

テールゲートは、走行中など昇降機の荷台を荷台床面に対して垂直に収納するゲートを指します。

その為、バースに付けて荷下ろしの対応ができない場合などもあります。

格納ゲートは、昇降機の荷台を折りたたんで荷台下部などに収納できるゲートを指します。

一般的に、このオプションを装備した車両は通常の車両より表記積載が低く設定されていることが多いです。

 

車格について最後に

上記車格はあくまで標準的な目安の車格に過ぎませんので、実際の車両とはサイズが異なる場合が御座います。

実際に貨物が積めるかどうかは、配送車両と貨物のサイズをよくご確認ください。

上記のサイズ表記も おおよそ と書いてあるのはその為です。

 

荷物の種類

荷物の種類については、ありとあらゆる荷物の配送があります。

一般貨物で多く配送される貨物は、主にケース物パレット物です。

この2つの荷物の違いは、積み下ろしの方法です。

ケース物と呼称する場合は、段ボールケースに梱包された商品を主にドライバー自身の手で積み下ろしをします。

パレット物と呼称する場合は、段ボールケースに梱包された商品をパレットに組まれた状態の貨物を主に積地・降し地のフォークマンが積み下ろしをします。

文字で起こすと大きな差はありませんが、実際に配送するとなるとケース物の配送は非常に大変です。

そこで、配送する貨物の

サイズ・個数・重量・積み下ろし方法・中身

が重視されます。

 

運送用語

運送業界には独特の用語がいくつか存在します。

そのいくつかをご紹介致します。

1.フレコン

フレキシブルコンテナバックの略です。

2.くんろく

荷台が9600の車格を意味します。※くんろくの10t車などと使われます。

3.日延べ(ひのべ

配送を予定していた日程から、配送が延期になる事を言います。

4.PC板

プレキャストコンクリートボードの略です。

5.イチイチのパレット

1,100x1,100㎜四方の11型がJISにより規格化されたサイズのパレット梱包を意味します。

メニュー広告

メニュー広告

投稿日:2018年2月16日 更新日:

Copyright© 運送取扱業ー専業水屋の始め方ー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.